会社概要

商号 くろまつせんねんやかぶしきがいしゃ
代表者 代表取締役社長 柴田 正昭
設立 昭和48年7月21日
資本金 1,000万円
所在地 本社・工場/和歌山県日高郡みなべ町山内1095番地の2
土地5,000㎡ 工場4,750㎡
大阪支店/大阪府大阪市淀川区西三国1丁目2番35号 (業務窓口)
TEL 06-6392-3750
従業員数 23名
事業内容 梅干の製造及び販売、梅干関連商品の販売、漬物の販売
一般食品の販売、農産品及び農産一次加工品の販売
取引銀行 りそな銀行 三国支店
三井住友銀行 深江橋法人営業部
主な取引先 日本生活協同組合連合会、各地域生活協同組合、食品問屋
食品小売店、通販企業
グループ企業 ㈱コセー、花伝院㈱

沿革

昭和48年 7月 黒松千年屋株式会社を設立
昭和55年 6月 資本金200万円に増資
昭和56年 7月 和歌山県南部町山内に梅干工場を設置、梅干の製造を開始
昭和56年 8月 工場を南部町気佐藤に新築移転し生産の合理化、品質管理面の向上を図る
昭和57年 5月 自然食品の梅華寿、梅入たまり、梅ポン酢、手づくりたまりを発売
昭和57年 6月 資本金500万円に増資
昭和59年 5月 本社を和歌山県日高郡南部町に移転
昭和60年 10月 工場を拡張し、製造能力を従来の二倍に増強
昭和60年 11月 梅こぶ茶、梅ドリンク、梅ジャムなどの梅関連商品を発売
昭和63年 4月 しそごはんの素など、しそ関連商品を発売
平成 2年 5月 長野県東御市八重原に工場を設立
平成 7年 7月 資本金1,000万円に増資
平成15年 2月 株式会社三井住友銀行保証付無担保社債1億円発行
平成15年 2月 本社を和歌山県日高郡南部町山内1095-2に移転
平成15年 3月 新工場を南部町山内に新設し、製造能力を2.5倍に増強、近代的な設備で品質管理面の向上を図る
平成15年 4月 日本生活協同組合連合会との取引開始する
平成17年 5月 新しく生活協同組合と農産品の取引を開始する
平成24年 5月 創業者 川俣 博英 が会長になり、社長に 柴田 正昭 が就任

 

アクセス

大阪支店

〒532-0006
大阪市淀川区西三国1丁目2番35号
サン三国マンション 1F

TEL 06-6392-3750

地下鉄御堂筋線 東三国駅 徒歩8分
阪急宝塚線 三国駅 徒歩15分

 

黒松千年屋株式会社
〒532-0006 大阪市淀川区西三国1-2-35
フリーダイヤル 0120-02-2567
Copyright© 2012 黒松千年屋. All Rights Reserved.